小規模事業者向け売掛金を最速で現金化するには

ファクタリングサービスは売掛金を現金化してくれるサービスで、急にまとまった現金が必要になった時などに便利なサービスだ。
小規模事業者は資金繰りに悩むこともあり、急いで資金調達をしたい時もあるだろう。

ファクタリングZERO(https://factoringzero.jp/)では最短即日で現金化が可能なため、サービスを利用する最大のメリットと言える。
この記事では、ファクタリング福岡を利用して、売掛金を最速で現金化するポイントを紹介する。

WEB完結型で手続きが可能なファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングサービスを展開する会社は数多く存在するが、スピードを求めるのであればWEB完結型で手続きが可能なファクタリング会社を選ぶと良い。
WEBから申し込むことができる会社は多いが、その後の書類提出もオンライン上で完結できるとなれば、資金調達に必要な時間は大幅に短縮される。
申し込みや書類提出に加えて、契約手続きもオンラインでできるファクタリング会社もあり、WEBですべて完結するファクタリング会社を選べば、最短即日で売掛金の現金化が可能である。
WEB完結型のファクタリング会社の場合は面談が不要であるか、必要な場合でもリモートとなるケースが多く負担が少ない。
WEB完結型で契約する場合は手数料が安く設定されていることが多いのもメリットだ。

また、初めてのファクタリングサービスを利用する人は、WEB完結型では不安な人もいるだろう。
利用したいファクタリング会社の店舗が近くにあれば、担当者と対面での契約が可能なため、いろいろ相談しながら手続きができる。
対面の場合でも手続きはスムーズで、対面の場合も最短即日で現金化が可能だ。
自分に合った方法を選ぼう。

2社間契約を選ぶ

ファクタリングサービスには2社間契約と3社間契約がある。
2社間契約は自社とファクタリング会社での契約となり、3社間契約は売掛先(取引先)との契約も必要となる。
3社間契約は、売掛先との契約も含むことでファクタリング会社の回収リスクが低くなるため、手数料は低く設定されていることがほとんど。
しかし、3社間での手続きは時間がかかるため、一日も早く現金化したい場合には向いていない契約だ。
資金調達を急いでいる場合は2社間契約を利用を検討しよう。
3社間取引に比べると手数料が高いが、2社間だと契約がスムーズなため最短即日で現金化が可能となる。